輪郭

下顎全周骨切り術

最も効果のある究極の小顔形成術、バランスの良い小顔に変身

「小顔になること」を目標とする場合、顔の輪郭のどの部分を変化させるのが一番効果的でしょうか? 視覚効果としては、顔の下半分が小さい方がより顔が小さく見えるので、答えはエラか顎(アゴ、あご)先ということになります。しかし顔面輪郭の下半分を構築している下顎骨は連続したフェイスラインを形成しているため、一部分だけ削ってしまうとバランスが悪くなります。下顎全体が大きいかたが、エラと顎(アゴ、あご)先だけ削ってその間の部分の骨が残ってしまうと、「しもぶくれ」の四角い輪郭になってしまいます。その間の部分も削ればいいのですが、実はこの部分を削るのは神経の問題があって難しいのです。エラと顎(アゴ、あご)先の間にはオトガイ神経(三叉神経第3枝)という、下口唇と下顎皮膚の知覚を担当している神経があります。これを挫滅しないようにエラから顎(アゴ、あご)先まで連続して骨切りする「下顎全周骨切り術」は、かなり難易度が高く、熟練した技術が必要です。またこの手術を行なう際には、下顎のどの部分をどの程度削れば理想の形になるのかを、正確に術前診断することが必要不可欠です。そのためには画像によるコンピュータシミュレーションでご希望に沿った理想の輪郭をイメージして、骨切り部分を厳密に決定する必要があります。この「シミュレーションの有用性」と「下顎全周骨切り術」の効果は、日本美容外科学会で発表いたしました。(⇒「学会発表」、⇒「シミュレーション」のページをご覧ください) “エーブ クリニック”では、理想のフェイスラインを目指して、あなたの魅力を最大限に引き出す輪郭形成術を施行いたします。

  • 手術時間
    3時間
  • 日帰り
    OK
  • 当日手術
    不可。手術日は最短で初診日から3日以降になります。「全身麻酔で行なう手術は、術前検査(血液検査・心電図・レントゲン写真)が必要になります。その結果を確認してから手術のご案内になります。」
  • モニター募集
    募集中
症例写真20代女性
  • Before
  • After

この施術について

症例写真30代女性
  • Before
  • After
  • Before
  • After

この施術について

症例写真20代男性
  • Before
  • After
  • Before
  • After
医師からのコメント
手術前: 男性のモニターさんですが、エラから顎(アゴ、あご)先にかけての張り出しが強いために顔が大きく見えてしまいます。このような場合は、エラだけあるいは顎(アゴ、あご)先だけを削っても残った部分が強調されてバランスが悪くなるので、下顎全周骨切り術の良い適応になります。
手術後: 下顎(アゴ、あご)は全体的に小さくなり、バランスのとれたフェイスラインになりました。小顔になる効果も出ています。

この施術について

症例写真30代女性
  • Before
  • After
  • Before
  • After

この施術について

こんな方にオススメです

  • 小顔・細顔にしたい
  • 女性らしい優しい顔立ちにしたい
  • 下顎(アゴ、あご)全体を小さくしたい

下顎全周骨切り術の手術法



  1. 口腔内からアプローチします。まず両側の奥歯の歯肉の外側、次に下口唇の裏側を切開して、エラから顎(アゴ、あご)先の部分に向かって剥離を進めます。顎(アゴ、あご)先からも剥離を進めて、全周に亘って骨切りする部分を展開します。
  2. 下顎角部周辺の外板(エラの外側面)を、広範囲にラウンドバー(医療用の電動ヤスリ)で削骨いたします。これで正面から見たときの顔が細くなります。
  3. エラの突端部は内板(エラの内側面)まで全層に骨切りをいたします。下顎角部の後方への張り出しがなくなるため、斜め~横から見たときのフェイスラインが改善されます。
  4. 顎(アゴ、あご)先の短縮する部分を全層に骨切りします。フェイスラインに沿って骨切り線をエラ方向に進めて、エラから顎(アゴ、あご)先まで連続して骨切りを行ないます。
  5. 骨切りした部分の断端をラウンドバーで平らにならします。
  6. 口腔内の粘膜を縫合して終了です。

手術のポイント

  • 口腔内の切開は歯肉の横の溝の部分になりますので、口を開けても見えるところにはキズはできません。
  • 出血が多い場合には、一時的にドレーン(内出血を吸い出す管)を留置する場合があります。(お帰りのときには管を抜きます)
  • 手術後はエラ周辺の剥離した筋肉の筋肉痛があります。食事の際には、1週間程度は柔らかい食べ物を召し上がってください。

料金表はこちら

ご相談・ご予約お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
0120-558-896無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ

“エーブ クリニック”のこだわり

その1 確実な効果

下顎全体が大きいかたがエラと顎(アゴ、あご)先を部分的に削っても、その間の部分が残ってしまうとシャープで小顔の輪郭にはなりません。「しもぶくれ」で四角い顔貌になってしまい、小顔を目標として行なった手術なのに、逆の結果になってしまいます。この部分を効果的にかつ安全に骨切りする「下顎全周骨切り術」は、かなり難易度が高い手術になります。“エーブ クリニック”では、患者さまの魅力を最大限に引き出すことができるように、ご状態に合わせた多種多様の顔面輪郭形成術を行なっております

その2 的確な診断

顔面輪郭形成手術では、顔の「トータルバランス」を考えることが大切です。「下顎全周骨切り術」を施行した場合、正面だけでなく色々な角度から見てバランスの良い状態であることが重要であり、なおかつ顔の上半分と目・鼻・口などの顔のパーツとの調和が保たれていることが必要です。そのためには、手術前に画像によるシミュレーションを行なうことで、理想の輪郭をイメージして骨切り部分を正確に決定しておくことが重要です。

その3 安心の無痛麻酔

“エーブ クリニック”では、院長が麻酔科専門医・ペインクリニック認定医の資格を取得しておりますので、美容外科で行なわれている全ての手術の麻酔が可能であり、安全な形で手術を受けていただくことができます。全身麻酔でも厳重な安全管理を行なうことによって、先進的な日帰り手術が可能です。(日帰り全身麻酔⇒「麻酔」のページをご覧ください)また手術中の痛みのコントロールはもちろんですが、術後の痛みを緩和するための処置も行なっております。

診療の流れ

STEP1 予約
お電話0120-558-896もしくはご予約専門フォームよりご予約をお取りください。
STEP2 受付
ご予約いただいた受診日にご来院ください。受付でご要望をお伺いいたします。
STEP3 カウンセリング
カウンセリング:院長が責任を持ってカウンセリングをいたしますので、お聞きになりたいことやご要望など何でもご相談ください。ご希望を伺いながら、画像によるコンピュータシミュレーションを行なって、バランスの良いフェイスラインを決定したします。
STEP4 デザイン
手術する部分を正確にマーキングいたします。これをデザインといいますが、骨切りや骨削りの位置・方向・範囲を決定いたします。これをベースにフェイスラインが決定してしまうので厳密に行なう必要があります。
STEP5 麻酔
麻酔は全身麻酔で行ないます。まず腕に点滴を取って静脈麻酔薬を注入いたします。この時点で完全に眠ってしまいますので、目が覚めたときには手術は全部終了しています。
STEP6 手術
手術時間は2時間程度です。全身麻酔ですので、ご本人は時間の感覚が全くなく、「5~10分くらい眠ったかな…」という感じで目が覚めます。
STEP7 リカバリー
手術直後はフェイスバンテージを巻いてベッドでお休みいただきます。通常は3~5時間程お休みになれば、歩行してご帰宅が可能です。腫れが気になるかたは、この時点で腫れ止めを追加することも可能です。

手術に関して

施術時間 手術にかかる時間は3時間程度です。
傷跡 口腔内からの手術になりますので、皮膚にキズはできません。口腔内の切開は歯肉の横の溝の部分になりますので、笑ったりアクビをして口を開けてもキズは見えません。
麻酔 全身麻酔で行ないますが、リカバリー室で数時間お休みになれば、その日のうちにご帰宅できます。

麻酔について

入院 必要ありません。ご状態によっては長時間の経過観察が必要なため、まれにご帰宅が翌日になる場合があります。
通院 定期検診といたしまして、手術後2週間、1ヵ月、3ヵ月にご来院いただきます。何か気になることや問題がある場合には、その日以外でも適時診察させていただきます。

料金

手術名 通常料金 キャンペーン料金
下顎(アゴ、あご)全周骨切り術(小顔形成術) 1,800,000円 1,440,000円

※料金表記につきましては、税抜表記となっております。
※当院ではモニターも募集しております。通常の流れ(手術)と変わりなく、通常の料金より最大70%OFFとなります。お気軽に0120-558-896へご連絡下さい。

よくあるご質問

Q:以前他院でエラ削りを受けたのですが、「下顎全周骨切り術」を受けることは出来ますか?
A:術前にレントゲン写真や3D-CTの画像診断を行なって、安全に骨切り・骨削りができることが確認されましたら手術を行なうことは可能です。顎(アゴ、あご)先の部分がまだ大きいようでしたら、「下顎全周骨切り術」を行なうことにより、小顔効果がかなり期待できます。
Q:顎(アゴ、あご)が長いというよりは全体的に大きいのですが、改善する方法はありますか?
A:そのようなご状態のかたは、エラや顎(アゴ、あご)先だけを部分的に削っても、決してバランスのとれた良い形にはなりません。エラと顎(アゴ、あご)先の間が残ってしまうと、四角い顔でいわゆる「しもぶくれ」の状態になり、小顔になることを目的に手術を受けたのに逆の結果となってしまいます。下顎(アゴ、あご)全体が大きいかたは、この「下顎全周骨切り術」がとても良い適応になります。
Q:小顔になりたいのですが、骨を削るのは恐いので他の方法ではダメですか?
A:顔を大きくしている原因が皮下脂肪であれば、頬や頚部の脂肪吸引によって、かなり小顔になるケースもあります。(⇒「脂肪吸引」のページをご覧ください) また、エラの部分に付着している筋肉(咬筋)が肥大している場合には、ボトックス注入によりホッソリといたします。(⇒「ボトックス」のページをご覧ください) 骨が要因となっている場合は、やはり骨削り・骨切りを行なわないと効果がありません。しかし骨が原因している状態でも複合的な要素がある場合、他の要因を改善することによって、骨削りをしなくてもある程度の効果が期待できるかもしれません。
ご相談・ご予約お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
0120-558-896無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ


診療案内